審美歯科で、ホワイトニング

『純白』という単語が用いられることがありますが、白さは清潔さや清廉さを表すことがあります。より白がきわだっていることによって、それが綺麗に見えるというものが多くあります。例えば私達の服も、そう言えるかもしれません。白いTシャツやYシャツなどは、白さが際立っていればいるほど、清潔に見えます。

そういった点は、私達の体の特定の部位にも言えるかもしれません。それは、『歯』です。歯は、その人の印象を予想以上に大きく左右するものとなります。真っ白な歯は、文句なしに良い印象を与えます。逆に歯が手入れされておらず汚れが付着していたりすると、あまり良い印象を与えないかもしれません。そう考えると、やはりいつも綺麗で清潔な歯を保ちたい、と思うかもしれません。

しかし、いわゆる『歯を清潔に保つ』ということと、『歯を白く保つ』ということは、厳密に違いがあります。歯が清潔に保たれているとしても、歯が白くない場合があります。なぜでしょうか。それは、歯に付着する『ステイン』が、歯の着色を進めてしまう原因となるからです。ステインは、コーヒーやお茶を飲むことによって付着します。それは歯を着色させやすく、一度着色させてしまうと、その「色」を落とすのが難しいという問題点があります。このために私達が行えるのが、審美歯科で行える『ホワイトニング』という行為です。ホワイトニングによって、本来はステインによって着色されていた歯の白さを、取り戻すことが出来ます。